UCバークレー留学記

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)での思考の記録。

電気自動車(EV)の普及状況など ①

f:id:knjshiraishi:20160327091249j:plain

 

新興国や途上国に行けば嫌でも実感することだが、世界中でモータリゼーションが加速している。90年代に自転車の海だった中国は世界最大の自動車市場となり、大気汚染が健康上の最大の問題と一つとなっている。ジャカルタやマニラでは数時間渋滞に巻き込まれることは珍しいことではない。

購買力が上がるにつれ、人々は自転車からバイク、そして自動車へと乗り換えていく。交通分野のエネルギー消費量は、継続的な燃費向上にも関わらず過去30年間で2倍となった。乗用車の年間販売台数は、2015年に8000万台に達したが、2030年に1億2000万台、2050年に1億8000万台となることが予想されている。そして地球上の総台数は20億台に達する。

 

急速に進むモータリゼーションに伴って発生する大気汚染や温室効果ガスの排出等の問題を解決するため、過去100年続いた内燃機関(ガソリンエンジン)から電気自動車(EV: Electric Vehicle)への移行を目指して企業や政府は取り組みを続けてきた。電気自動車は、通常バッテリーのみで走るBEV(Battery Electric Vehicle)と、PHEV(Plugin Hybrid Electric Vehicle)の両方を言うことが多い。このエントリでもそれに従うことにする。

 

1. 現状

電気自動車が割合として一番普及している国はどこだろうか。

その答えはノルウェーである。2014年には、なんと販売台数の12.5%を占めた。その理由は大規模な補助金や免税にある。ノルウェーは豊富な水力資源を持ち、電力需要の95%を水力発電でまかなっているため、温室効果ガスの排出削減や大気汚染の防止という点で電気自動車の普及メリットは大きい。同じように水力資源の豊富な国(ラオスなど)や州(アメリカならワシントン州)は電気自動車への移行のメリットが大きい。

ノルウェーに続くのは、オランダ(3.9%)、アメリカ(1.5%)、スウェーデン(1.4%)である。日本は0.7%となっている。(いずれも電気自動車が2014年の販売台数に占める割合)

電気自動車のネックはその価格と航行距離である。高コストの原因は主にバッテリーである。バッテリーが全体コストに占める割合は25〜50%と言われている。リチウムイオン系のバッテリーの価格は劇的に低減しているが、それでもまだガソリンエンジンよりも高い。

The Cost Dilemma: Why Are Batteries So Expensive? | The MIT Entrepreneurship Review

航行距離はモデルにもよるが、90キロから160キロ程度とされている。通勤に使う程度なら十分な距離ではある。他方、長距離を走るにはまだ十分とは言えず、充電ステーションの充実が鍵となってくる。

 

米国

アメリカは世界最大の電気自動車市場である。2014年の電気自動車の販売台数は約9万台であり、概ね55%がPHEV、45%がEVだ。エネルギー省によれば、2014年時点で9000か所の充電ステーションが整備されている。

 

2. 将来

中国

電気自動車は、運転時に排ガスを排出しないため、中国で大きな問題となっている大気汚染の防止に効果がある。このほか、世界最大の自動車市場となった中国市場をスプリングボードとし、次世代自動車での市場拡大を目指す中国メーカーを支援する産業政策として、電気自動車の普及を後押しする力が強い。このため中国の科学技術省は、2020年の次世代車(主に電気自動車)販売台数を500万台とするターゲットを設定している。これは、インドの650万台に次ぐ世界2位のターゲットである。

購入補助に加え、政府調達の30%を次世代自動車にするなどの策を打っているが、ターゲットに到達できるかは未知数だ。

 

米国

米国は2020年に電気自動車の年間販売台数のターゲットを180万台としている。2015年の乗用車の年間販売台数は1700万台だから、約1割を電気自動車とする目標だ。

その中でも、カリフォルニア州には、かの有名なZEV規制がある。2025年までに州内で販売される自動車の15%は電気自動車か燃料電池車でなければならない(実質的には電気自動車がほとんどを占めると考えられている)。現在1%強の数字をあと10年で15%に引き上げることになる。このほか、9州がカリフォルニアと同様の規制を導入すると報じられている。

 

長くなりそうなのでまずはこの辺で。

f:id:knjshiraishi:20160327091557j:plain

 

 

UCバークレーの世帯寮(in Albany市)で幼稚園・小学校やサンフランシスコ日本語補習校に入学する時の手続きやサマーキャンプなど

1. University Village: UCバークレーの世帯寮

UCバークレーには、大学院生向けの世帯寮、University Villageがあります。この寮、と言っても700世帯が住むタウンハウス(3階建ての家)が立ち並ぶ、ちょっとした町な訳ですが、バークレー市に隣接するアルバニー市にあります。

University Village

UC Village - Wikipedia, the free encyclopedia

な、なんとビデオまでありました。

youtu.be

 

2. アルバニー市の幼稚園や小学校への入学手続き

アルバニー市でお子さんを幼稚園や小学校に入れる場合の手続きをまとめましたのでご紹介します。UCバークレーに留学される方は、バークレー市、アルバニー市、エルセリート市のいずれかに住むことが多いです。アルバニー市はその中でもこじんまりした町です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上は自分で調べたり、説明会や教育委員会、すでに入学された方に聞いた内容をもとにまとめたものです(2016年2月現在)。ただ、正確・最新の情報は必ず公式ウェブサイトをご確認ください。

Welcome! AUSD Enrollment – Enrollment – Albany Unified School District

 

 3. サンフランシスコ日本語補習校への編入手続き

このほか、サンフランシスコとサンノゼには日本語補習校があります。こちらは、週に一度、土曜日に開講しています。申請は、原則としてお子さんが入国してからとのことです。

手続き日は毎月第1、第3木曜日で、手続きが済み次第、その週の土曜日から参加可能とのこと。日本の小学校から編入されるお子さんは面接が免除となるので、入国日がわかるパスポートの入国スタンプのページをコピーして提出すると良いとのことです。

こちらの学期も概ね現地の小学校と同じです。正確な情報は以下のページをご覧ください。

サンフランシスコ日本語補習校

 

4. サマーキャンプ

学校は6月に終わり、次の年度は8月末(2016年は8月29日)に始まります。

その3ヶ月間、子どもたちはサマーキャンプというものに参加することが多いです。

時間によりますが、午前中だけだと週200ドル、終日だと週400ドルからというのが相場のようです。

UCB University Village Recreation Program

www.510families.com

Art Camps in the Bay Area

 

ご参考になれば幸いです。

映画 The Big Short (邦題 マネー・ショート)の感想

映画The Big Short(邦題マネー・ショート)を見た。原作は読んでいたけど、それでも十分面白かったし、考えさせられた。 自分はスティーブ・カレル(Steve Carell)のファンなのでより楽しめた(テレビドラマ"The Office"(米国版)は超おすすめです)。

 

youtu.be

 

www.moneyshort.jp

 

以下、感想(ネタバレなし)。

 

本作のテーマであるサブプライムローン、エンロン事件、日本のバブル。後から振り返ると、なぜあんな馬鹿なことが、としか思えない狂騒が繰り広げられる。しかし、その様子を子細に見ると、同じような構造が見て取れる。

 

その渦中では、多数が思考を停止し、情報に基づく事実ではなく信じたいことを信じ、「権威」がそれを追認し、発信し、思考停止は加速する。心理学でいう、確証バイアス(confirmation bias)である。

 

ここで最も罪深いのが、政府や格付け会社等の「権威」がそれぞれのインセンティブに従って、「不都合な真実」を隠ぺいし、大衆が見たい将来を見せてしまうことだ。いわゆる大本営発表だ。

 

 とはいえ、じつはシグナル(情報)はそこにあり、サインを見落とさず、その意味を理解できる人間も一部いる。本作では、住宅バブルが起きていることをデータや足で確認した、ひとくせもふたくせもある投資家たちが、住宅バブル崩壊にかけ、本来の機能を失った金融市場を通じて、2016年現在に至るまで爪痕を残す世界不況を引き起こしていく状況を人間臭く描いていく。

 

なお、太平洋戦争時の日本も、現在の日本の財政、社会保障、少子高齢化も近い構造にある。

 

本作では、住宅バブルをショートするためのCDSsを主人公自ら提案し、そこから生まれたCDOを使って住宅バブルの崩壊に賭ける。我々はわかりやすくこうした金融商品にベットしているわけではないが、実は我々も意識的、無意識的に様々な社会の動きにかけている。どこに就職するか、どの仕事をするか、どこに住むか、 といった行動によって、自分の時間や家族の将来という、数億円に相当する暗黙のベットをしているわけだ。

 

ひどすぎる人たちがたくさん出てくるこの映画、一番悲しいなあと思ったのが、格付け会社を訪れた場面。本来、彼らが市場で果たすべき役割は大きく、公共性の高いもの。しかし、実態は中身を何も理解せず、自分たちがよい格付けをしなければ、競合がよい格付けをするだけ、という理由でジャンクともいえるCDS、CDO等に不相応に高い格付けを与え続ける。その何の裏付けもない格付けが、投資家たちの判断基準となりバブルを生みだした。確かに我々はインセンティブの奴隷だが、格付け機関という金融界の生態系の弱者が開き直ることの悲しさを見せつけられた。

 

リーマンショックのようなシステムの瓦解(collapse)は、10年かそこらに一度必ず起きるし、止めようがないことかもしれない。日本もこれから難しい局面に立たされるだろう。とはいえ個人がシステムの瓦解と心中してはいけない。信頼に足る情報を集め、頭を働かせて、様々な手段でそのリスクから自分たちを切り離す(insulate)ことこそが、現実的に各個人がとるべきことではないかと思っている。

 

余談1)本作の原作を書いたマイケル・ルイスはバークレー在住。一度あってみたい。

余談2)本作では、マークトウェイン等の著名な作品の引用がところどころで使われるのだが、重要な場面で村上春樹の1Q84が出てきたのは個人的にツボだった。

Everyone, deep in their hearts, is waiting for the end of the world to come. 1Q84, Haruki Murakami

余談3)マネー・ショートって不思議なタイトルだな。。

 

とてもおすすめ。

 

www.amazon.co.jp

「政策立案の技法」の増刷と書評、英語オンラインコース(edX)のご紹介

あけましておめでとうございます。

 

「政策立案の技法」(東洋経済新報社)について3点動きがあったのでご紹介します。

 

 

1.「政策立案の技法」が増刷されました

 

バークレー・霞が関の先輩と翻訳・出版した「政策立案の技法」に3刷がかかりました。

書店での品薄も解消されるかと思います。

 

www.amazon.co.jp

 

 

教科書が増刷を重ねるのは珍しいこと。

本書の方法論が着実に広がっていることの証しであり、うれしいです。

 

www.slideshare.net

 

 
日本に類のない政策立案の教科書の定番としてご活用いただけると幸いです。
 
 
以下が翻訳の底本の第4版ですが、教科書へのレビューが厳しいアメリカのアマゾンで、このレビュー数と評価の高さ(45レビューで平均4.4点/5点満点)が、本書の質の高さを物語っていると思います。

 

ただ、なんと英語版は早くも5th Edition(第5版)が出ました。こちらも、翻訳に取り掛かるかなあ・・・。

www.amazon.co.jp

 

 

2.「政策立案の技法」を書評いただきました

 

ちょうど同じタイミングで、ベネッセ総研の岡田佐織様には今月号の教育雑誌に書評を取り上げていただきました。少し長いですが、一部引用させていただきます。

「1点目は、(中略)日本の教育政策はこれまで、海外の先進事例の導入や国内の優良事例の普及・運用といった、政策の実施方法の議論に終始しがちだったように思う。

そのため、「真の問題は何か」を詳細に定義したり、複数の政策オプションの効果を比較検討したり、新しい政策の効果が(中略)本当に実現されたのかを検証するといった、政策立案の基本的な技法が、十分に開発されてこなかったのではないだろうか。

本書で示される政策立案の8ステップをたどることで、読者は質の高い政策立案のために何を行うべきなのか(行うべきではないのか)を学ぶことができるだろう。

 

2点目は、本書が、パブリックセクターにおける問題解決のためのフレームワークを提示した稀有な書である、ということだ。

一般的な問題解決の技法について述べられた書籍はあまたあるが、ビジネスの文脈で語られる問題解決のノウハウは、公共政策の現場では腹落ちしない点もあると、地方自治体に勤務していた時の経験からも感じていた。

何をもって成果とするかが自明ではなく、さまざまな利害に配慮し、周囲を説得しながら、針に糸を通すようにして新しい施策を導入していかなければいけない公的部門において、問題解決のフレームワークを示されただけでは、現実に適応できるものとはならない。

本書は、公共政策特有の困難にも目配りがされており、納得感の高いものとなっている。

学校や自治体の自律性を高め、多様な施策の企画・立案・実現を助けるための手引書として、活用してほしい。」

月間学校事務2016年1月号p80-81

 

 

1点目は、教育政策に限らず、環境政策など日本のほとんどの政策分野について言えることだと思います。

2点目は、公共政策の性質(むずかしさ)を、端的にわかりやすく表現されています。

私も非常に近い問題意識をもって本書を翻訳し、講演や講義で伝えていきたいと思ってきました。そのため、これまでにいくつかの雑誌で取り上げていただきましたが、一番うれしい書評です。

 

 

3.「政策立案の技法」の英語オンラインコース(本家)がedXで登場

 
また、私の所属するカリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院から、政策立案の技法の英語オンラインコースが提供を開始されました。

edX(世界最大級のオンライン教育プラットホーム)の6週間の無料コースだそうです。太っ腹。講師陣も豪華。

本コースを教えるのは、「政策立案の技法」の著者、バーダック教授、元労働長官で「暴走する資本主義」等で日本でも有名なライシュ教授、公共政策大学院長で元アメリカ政治学会長のブレイディ教授、私の指導教官のカメン教授など、講師陣も豪華です。気合い入ってます。

 

政策立案の8ステップにご興味のある方は、ぜひどうぞ。 

 
 
 
 
 
 
 
 
この紹介動画もいい感じです。ちなみにこのプレゼンをしているGranholm教授は著名なミシガン州前知事です。ライシュ教授(元労働長官)やナクト教授(元国防次官補)ほか、実際に政府で要職を務めた教授が太鼓判を押していることからも、単なる机上の理論ではなく、実際の政策立案に非常に有効ということが伝わると思います。無料ですし、ご興味のある方はぜひ登録してみてください。
 
 
 
 

 

日本では見慣れなかったけど、こちらでよく聞く/見る英単語(随時更新)

タイトルのとおり、日本では耳慣れなかったけどこちらでよく聞く英単語(あるいは使い方がちょっと違う)って結構あります。英和辞書で書かれている説明よりも、もう少しカジュアルに使われていたりとかして。

随時このエントリ内に追加していきます。

 

1. coerce

物や人に...させるの意味で。

ejje.weblio.jp

 

2. intimidating/intimidated

不安になるときに。

ejje.weblio.jp

 

3. intense

授業の要求や課題が重いときに。

ejje.weblio.jp

 

4. harsh

厳しいなあ!というときに。

ejje.weblio.jp

 

5. ostensibly

表向きはね、というときに。

ejje.weblio.jp

 

6. intricate

ややこしい…という時に。

ejje.weblio.jp

 

7. appreciation

価格や価値の上昇(depreciationの反対)

ejje.weblio.jp

 

8. augment/augmentation

増やすの正式な言い方

ejje.weblio.jp

 

9. caveat

自然は警告を発している!みたいな時に

ejje.weblio.jp

 

10. cripple

麻痺してしまう、止まってしまう、という時に

ejje.weblio.jp

 

11. condescending

親切な、恩着せがましい

ejje.weblio.jp