UCバークレー留学記

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)での思考の記録。

スキル

殿(しんがり)を誰が務めるべきか

いまの日本の若手がやるべきは、10年後かそこらにやってくるハードランディングに備えて、黙々と修行を続けていくことなのではないか。いまあるあれこれがもう持たないとなった時に、大きな非連続が起きる。その時に力を発揮できるようにするには何が必要か…

大きな仕事を小分けする:博士論文執筆セミナー

全学の博士論文執筆セミナーに行ってきた。 参加者は自然科学系と人文・社会科学系のPh.Dの学生で、博士論文をどうやって書いていくかの戦略を90分で説明するというもの。 これが予想外によくて、ラップトップでとったノートが何ページにもなった。 口を酸っ…

「政策立案の技法」の増刷と書評、英語オンラインコース(edX)のご紹介

あけましておめでとうございます。 「政策立案の技法」(東洋経済新報社)について3点動きがあったのでご紹介します。 1.「政策立案の技法」が増刷されました バークレー・霞が関の先輩と翻訳・出版した「政策立案の技法」に3刷がかかりました。 書店での…

GSI(Graduate Student Instructor)①

バークレーに到着して早2週間がたちました。短い間ですが、ご紹介などを通じて素晴らしい方々との出会いが日々あり、また少なからぬタスクをクリアして、長くこちらにいるような気さえしています。 さて、そのタスクの一つが2015年秋学期のGSI(Graduate St…

Public Speaking: プレゼンの基本

プレゼンは引き算 - バークレー研究日記phdryugaku.hatenablog.com 以前こんなエントリを書きましたが、プレゼンテーションのスキルアップはアメリカで生きていく上で必須です。また、アメリカの大学や大学院では、プレゼンの授業というのが必ずあります。 …

プレゼンは引き算

昨日、終日にわたって研修の講師をやってきました。 今回は昨年に引き続いて二年目だったので、その経験を踏まえてずいぶん内容も変えてみました。その変更点によって、完全とはいえないまでも昨年に比べてずっと理解してもらえたと思います。 何をしたかと…

リテラシーが必要です

官庁や大企業などに属していて、新聞やテレビで業務のことが報じられると、その後に寄せられる問い合わせに答える対応メモ(私がいた組織では記事解説と呼ばれていました)を書く機会があると思います。私もこれまでに何十枚と書いた経験があります。 この記事…