UCバークレー留学記

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)での思考の記録。

渡米準備

UCバークレーの世帯寮、University Villageについて

私はUCバークレーの提供する世帯寮に住んでいます。 正式名称はUniversity Villageです。ただ、バスの路線がUC Village行きとなっていて、みんなそれに乗るので、こちらではUC Villageと呼ぶ人も多いです。 公式ページ University Village 前回の留学時も住…

いよいよ

今日、クロネコヤマトの海外引越単身プランで荷物を発送しました。ミニマムコースを選んだので大小合わせて9箱。引越しというには少ないですが、まず単身で生活を始めるには十分です。サンフランシスコ周辺の場合は35-45日が荷物到着の目安とのことで、9月上…

手続きのオンライン化

アメリカに住んだ経験のある人がよく言われるように、アメリカの手続きは日本に比べて遅いし信頼性が低いのは事実です。ただ、アメリカの大学や役所も、今ではそういうリアルな手続きをオンライン化し、手続きの利便性や信頼性を大幅に改善しているし、分野…

F-1ビザの申請プロセス

渡米準備を進めてきましたが、一番重要なビザの手続きが終わりました。梅田にある在大阪米国総領事館での面接から営業日で3日後、F-1ビザが郵送で届きました。これで少なくともアメリカに入国することができます。長かった・・・。 渡米準備あれこれ - バー…

渡米まで2ヶ月

渡米まであと2ヶ月、最終出勤まで1ヶ月となり、国内にいる間の予定もだいたい固まりました。やることはたくさんありますが、決まった以上はやり切るだけです。 ときがたつのは思った以上に早く、日本にいる間にやりたかったのにできないことも多々あります。…

Notarized Translation(豆知識)

大学の家族寮に応募する際、結婚証明書の提出を求められます。これは日本でいう戸籍謄本を英訳して提出すればよく、7年前はそれだけですみました。 ところが、今回はHousing Officeから、"Notarized Translationが必要だ。"と言われてしまいました。 Notariz…

渡米準備あれこれ

7年前に一度経験しているので、渡米準備を甘く考えていました。しかしかなり忘れたり制度が変わっていたりして、そろそろ本腰を入れないとやばいとあせり始めました。 この手の準備は申請からの待ち時間が結構ありますから、段取りが命。まずは手続き情報を…

4ヶ月後には

学期の開始時期などを考えると、4ヶ月後の今頃には、バークレーで生活を始めていることになります。時間が経つのは信じられないほど早いものです。 7年前の修士のときの渡米時には、新しい土地に向かう高揚感が強く、期待だけが大きく、でも実際はどのような…

日本にいる間の準備

昨年秋から今年1月上旬までの出願作業、1月下旬から2月中旬までの電話・スカイプ面接を経て、希望する大学院や奨学金から合格をいただきました。予想の何十倍もしんどく、合格をいただけるとは最後まで確信が持てなかったので、今はただただほっとしています…