UCバークレー留学記

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)での思考の記録。

読書

本は繰り返し読んでこそ

本から何かを得たいとき、一度読んだだけで全てが身につくことはまずありません。数回は繰り返し読み込んで、やっと本の中で筆者が伝えたいと思っている情報や概念が身につくものです。 年に数十冊読むのも良いでしょう。僕も大学生から社会人四年目くらいま…

感想 「原因を推論する -- 政治分析方法論のすゝめ」久米郁男

Amazon.co.jp: 原因を推論する -- 政治分析方法論のすゝめ: 久米 郁男: 本www.amazon.co.jp 現在、同時平行で10冊くらいの教科書を研究のリハビリ的に読んだり、その中の問題を解いたりしています。本書はその中の一冊で、評判どおり「あたり」でした。 タ…

voiceかexitか:ハーシュマンの「離脱・発言・忠誠」より

修士留学時代のリーダーシップの授業(ロバート・B・ライシュ 教授)で学んだ概念に、VoiceとExitの対比があります。ハーシュマンが提案したもので、なるほどなあ...と深く納得した記憶があります。このフレームで、いろいろなことをアナロジーとして理解で…

本棚

渡米に向けて持ち物の整理をしています。アメリカに持っていくもの、日本に残していくもの、手放してしまうもの。そうした分類をしています。 なかでも自分の蔵書の整理をしながら、改めて自分の興味の変遷を目の当たりにし、感慨深いものがありました。本棚…