UCバークレー留学記

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)での思考の記録。

やれることはすべてやる

入学後のコースワークやGSI/GSR(他大学で言う所のTA/RA)のワークロード、そしてその後の研究とキャリアゴールについて思いを巡らせていると、本当にゴールまでたどり着けるだろうかと身がすくむことがあります。

しかし自分にできることは、短期、長期の目標を達成するためにやれることをすべてリストアップし、片っ端からそのリストをやっていくことしかありません。それがベストを尽くすということの意味でしょう。一部ではなく、あらゆることをすること、がむしゃらに頑張るだけではなく、目標に近づくために何をやりうるのかを考えることが大事。

やれることはすべてやり、それで足りなければ諦める。ただし、自分はやれることをすべてやりきっているかどうか、他にやれることはないかを常に自問し続けたいと思います。


広告を非表示にする