UCバークレー留学記

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)での思考の記録。

数学の復習

Ph.Dでのコースワークに備えて、数学の復習を始めました。どのような分野で研究をするとしても、微分積分や線形など代数は土台となるからです。まずは選んだ2冊の教科書(経済数学)を1回ずつ回す予定です。

一応は理系(工学部)で修士まで取ったというのに、予想以上に忘れてしまっていてあせります。バークレーでマスターを取った5年前も、どちらかというと数理的な研究に深く立ち入ることなく、社会科学をどのように政策立案に生かすかという応用面で勉強してきました。というのは言い訳になりませんね。

また、やりながら気付いたのですが、随分やらなかったことを久しぶりにやる場合、元の感覚を取り戻すためには1日5時間を5セットとか、集中的に取り組んで頭をそのモードにすることが必要だなと思いました。特に数学は頭の使うところが普通と違う気がします。何かを始めるときは最初が一番ハードルが高い。なのであまり完璧主義にならず、頭と手をせっせと動かすことが大切ですね。

出国まであと2ヶ月ちょっとの限られた時間ではありますが、あまりにもさび付いてしまった頭と知識に油を差していきます。やることはあまりに多く、あっという間に出国の日を迎える予感がします。

広告を非表示にする